ここから本文です

マレー、錦織、ティームらが2回戦を突破 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月2日(金)11時29分配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)、第6シードの錦織圭(日本/日清食品)、第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第14シードのニック・キリオス(オーストラリア)らが3回戦に駒を進めた。

錦織が新鋭カチャノフの挑戦を退け3回戦進出 [全米オープン]

 シード勢では第16シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)に2-6 4-6 6-1 5-7で敗れた。そのほかの試合では、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、ニコラ・マウ(フランス)、予選勝者のジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)が勝ち上がっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス2回戦 主な試合結果】

○65ドミニク・ティーム(オーストリア)[8] 6-4 6-3 6-2 ●67リカルダス・ベランキス(リトアニア)

○69パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)3-6 4-6 6-1 6-4 6-4 ●71ヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)

○81ニック・キリオス(オーストラリア)[14] 7-5 6-4 6-4 ●83ホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)

○97錦織圭(日本/日清食品)[6] 6-4 4-6 6-4 6-3 ●99カレン・カチャノフ(ロシア)[Q]

○103ニコラ・マウ(フランス)6-4 6-4 6-2 ●102ポール アンリ・マチュー(フランス)

○111ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)[Q] 7-5 6-3 6-3 ●109ビクトル・トロイツキ(セルビア)

○116ジョアン・ソウザ(ポルトガル)6-2 6-4 1-6 7-5 ●113フェリシアーノ・ロペス(スペイン)[16]

○128アンディ・マレー(イギリス)[2] 6-4 6-1 6-4 ●125マルセル・グラノイェルス(スペイン)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 01: Dominic Thiem of Austria returns a shot to Ricardas Berankis of Lithuana during his second round Men's Singles match on Day Four of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 1, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Michael Reaves/Getty Images)

最終更新:9月2日(金)11時32分

THE TENNIS DAILY

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。