ここから本文です

阪神高山は「苦手」克服で再上昇!? ドラ1新人が見せる驚異の学習能力

Full-Count 9月2日(金)14時7分配信

DeNAとの3連戦で8安打7打点、内角高めを「こなせるようになってきた」

 阪神のドラフト1位ルーキー・高山俊外野手が、再び上昇気流に乗っている。今月23?25日の敵地DeNA戦では、3試合で計13打数8安打7打点と大暴れ。24、24日と2試合連続の3安打で、1998年の坪井智哉(現DeNA打撃コーチ)を抜き、球団新人最多記録となるシーズン12度目の猛打賞をマーク。25日は自身初の満塁ホームランを含む2安打6打点と活躍して、3タテに大きく貢献した。

 高山は今季、鳴り物入りで阪神に入団し、開幕直後は新人離れした活躍を続けた。しかし、プロのバッテリーの攻めに苦しむことも多くなり、徐々に成績が低下。7月上旬にはベンチスタートが続く日々もあった。それでも、後半戦が進むにつれ、調子は再び上昇中。確実にプロの“壁”を乗り越えようとしている。阪神はDeNA戦後に5連敗を喫し、3位と3ゲーム差の5位に転落したものの、クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性は十分。この正念場で、高山がキーマンの1人となりそうだ。

 苦しんでいた大物ルーキーは、なぜ一時の不調を乗り越え、再び輝きを取り戻したのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「苦手」を克服したことで、状況が変わってきたと指摘する。

「高山は元々(阪神に)入ってきた時から、ミート力というのはちょっと秀でたものを持っていました。遠くに飛ばす力もそれなりに持っています。唯一、苦しんできたのがインコースの速い球。インコースをがんがん攻められて打てなくなった。さらに、落ちる球まで打てなくなってきたわけです。すべてに影響が出てしまっていました。

 ただ、(胸元に)入られていたものを、しっかりこなせるようになってきた。それが出来始めたという自分の中の感覚があるからでしょうけど、他のコースに来るボールも楽に打てるようになってきました。(内角高めが)まだ嫌なのでしょうけど、前と比べたら怖さは減ってきたから、余裕が出てきました。それで、他のところ(コース)にもいい影響が出始めたのかなと。元々持っているものを、また発揮できてきたという感じじゃないでしょうか」

1/3ページ

最終更新:9月2日(金)14時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。