ここから本文です

錦織、試合中の目薬「たまにボール見えなかった」<男子テニス>

tennis365.net 9月2日(金)9時54分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は1日、男子シングルス2回戦が行われ、2年ぶり5度目の3回戦進出を果たした第6シードの錦織圭(日本)は試合後の会見で、第1セット途中で目薬をさしたことについて「たまにボールが見えなかったので」と話した。

【全米オープン対戦表】

この日、世界ランク95位のK・カチャノフ(ロシア)と対戦し、第1セットの第9ゲームを終えた時点で、錦織は目薬をさす場面があり「今日はちょっと、半分目が見えなくて。ゴミではないですけど、多分まぶたがどうにかしちゃって。あまり集中出来なかった。最近多い」と現在の目の状況を述べた。

その後、第2セットは落とすも6-4, 4-6, 6-4, 6-3でカチャノフを下し、2回戦を突破した。

3回戦では、世界ランク42位のN・マウー(フランス)と対戦する。マウーは2回戦でP・H・マチュー(フランス)をストレートで破っての勝ち上がり。

上位シード勢が順当に勝ち進むと、4回戦で第21シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、準々決勝ではリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で金メダルを獲得した第2シードのA・マレー(英国)と対戦する組み合わせ。

錦織とマレーの山であるボトムハーフの下半分では、第12シードのD・ゴファン(ベルギー)と第25シードのP・コールシュライバー(ドイツ)が初戦で姿を消してる。

tennis365.net

最終更新:9月2日(金)9時55分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]