ここから本文です

アルゼンチンにはメッシが欠かせない! 代表引退を撤回したメッシのミドル弾でウルグアイを下す

theWORLD(ザ・ワールド) 9月2日(金)17時10分配信

バウサ新監督、初陣を勝利 アルゼンチン首位浮上

2018年ワールドカップ南米予選の第7節が現地時間1日に行われ、アルゼンチンはホームのエスタディオ・マルビナス・アルヘンティノスでウルグアイと対戦した。

ここまで6試合を終えて勝ち点11で5位につけるアルゼンチンと、勝ち点13で首位に立つウルグアイによる一戦。股関節の負傷により出場が危ぶまれていたメッシだが、先発メンバーに名を連ねると43分に試合の均衡を破るゴールを奪う。ペナルティエリアの手前でボールを受けたメッシは、相手DFに囲まれながらも果敢にミドルシュートを放つ。ボールはウルグアイDFに掠って軌道が変化しゴールネットを揺らした。メッシは代表引退宣言を撤回して復帰戦となった試合で貴重なゴールを決めている。

アルゼンチンはその後、前半アディショナルタイムにFWマウロ・ディバラが2枚目のイエローカードを受けて退場し、一人少ない状況になるアクシデントが起こるも、ウルグアイのFWルイス・スアレス、FWエディンソン・カバーニら強力な攻撃陣を抑え、1-0で勝利した。エドガルド・バウサ新監督は初陣で勝利をつかみ、アルゼンチンは首位に浮上している。

アルゼンチンはワールドカップ南米予選をメッシ抜きで戦った4試合で勝ち点5しか積み重ねることができなかったが、メッシが出場した3試合ではすべて勝利を手にし勝ち点9を手にしている。

[メンバー]
アルゼンチン:ロメロ、サバレタ、ラミロ・フネス・モリ、オタメンディ、マス、マスチェラーノ、ビリア、ディ・マリア(→ガイタン 85)、ディバラ、プラット(→アラリオ 71)、メッシ

ウルグアイ:ムスレラ、フシレ(→ロラン 87)、ヒメネス、ゴディン、ガストン・シルバ、カルロス・サンチェス(→ラミレス 70)、ロデイロ(→クリスティアン・ロドリゲス 60)、アレバロ・リオス、コルーホ、スアレス、カバーニ

[スコア]
アルゼンチン 1-0 ウルグアイ

[得点者]
アルゼンチン:メッシ(43)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月2日(金)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。