ここから本文です

【U-18アジア選手権】中国戦で先発の寺島がDH解除「6番・投手」で“二刀流”出場

Full-Count 9月2日(金)18時52分配信

前日のインドネシア戦では野手出場で4打数4安打4打点と大暴れ

 台湾・台中市で開催中の第11回BFA U-18アジア選手権は2日からセミファイナルラウンドが始まり、グループA1位だった日本は、グループB中国と対戦する。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 日本の先発を務めるのは、初戦の香港戦で先発した寺島成輝(履正社)。小枝守監督が「間の取り方が天性」と褒める打撃を買われ、この日はDHを採用せずに「6番・投手」の“二刀流”で先発出場する。

 先発した香港戦では、5回を無安打12奪三振1四球の準パーフェクトピッチングを披露。「4番・左翼」で野手出場したインドネシア戦では、4打数4安打4打点の大活躍ぶりだった。マウンド上はもちろん打撃も絶好調で、インドネシア戦後に小枝監督は先発させる試合でのDH解除を考えていると示唆していた。

 投打で日本を勝利に導けるか、注目があつまる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月2日(金)19時44分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]