ここから本文です

UAEの10番に比べて日本の10番は頼りない? UAE紙は香川が決定機逃す酷い罪犯したと指摘

theWORLD(ザ・ワールド) 9/2(金) 19:20配信

浅野の疑惑のゴールで忘れられているが……

浅野拓磨のシュートは確実にゴールラインを超えていた。1日におこなわれたUAE代表と日本代表の試合では、審判が浅野のゴールを見逃したことに批判が集中している。浅野の得点が決まっていれば少なくとも勝ち点1を拾えていたはずで、最悪の黒星スタートは免れることができたかもしれない。

もちろん誤審を許せるはずはなく、批判が出るのも当然だ。しかし、浅野の疑惑のゴールによって忘れられてしまったシーンもある。UAEの『Gulf News』は、浅野のゴール見逃しと同じく日本の10番を背負う香川真司の信じられないシュートミスがあったと主張。日本はUAEをはるかに上回る12本もの枠内シュートを放ったが、同メディアは香川のシュートミスなどもあって勝利できたとの見方だ。

香川のシュートミスがあったのは1-1で迎えた前半26分だ。左サイドからのクロスに本田圭佑が頭で飛び込み、相手GKが弾いたところに香川が詰めた。DFがブラインドになってボールが見えにくかったかもしれないが、この試合最大ともいえる決定機を香川はゴール右に外してしまった。誤審がなければ引き分けだったかもしれないが、香川がここで決めていれば状況は確実に変わっていたはずだ。

一方で終盤になっても前線で巧みにボールをキープし、絶大な存在感を放っていたUAEの10番オマル・アブドゥルラフマンは試合後に、「日本を倒すのは難しいが、不可能がないことを証明した」とコメント。オマルの方が10番として頼りがいがあったのは明らかだ。

チームとして香川を上手く活かせなかったのも事実だが、香川はまたもUAE戦で何もできなかった。同メディアは香川が決定機を外す罪を犯したと伝えているが、今度こそ日本の10番として頼れる姿を見せてほしい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/2(金) 19:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。