ここから本文です

ウルグアイ指揮官、メッシ&アルゼンチンを称賛「他の誰よりも上のレベル、彼らは最高

theWORLD(ザ・ワールド) 9月2日(金)19時30分配信

首位を手放したウルグアイ

ウルグアイは現地時間1日、2018年ワールドカップ南米予選の第7節でアルゼンチンに0-1で競り負けた。ウルグアイのオスカル・タバレス監督は決勝ゴールを決めたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称賛している。

ウルグアイの指揮官は「アルゼンチンのすべての攻撃はメッシを介していた。アルゼンチンは、他の誰よりも上のレベルに立つメッシを擁している。難しい試合になることはわかっていた。彼らにはメッシだけでなく経験豊富な素晴らしいプレイヤーがいる。FIFAランキングでアルゼンチンは最高のチームだが、私はその意見に同意する」と語った。アルゼンチン『Ole』などが伝えている。

ウルグアイはアルゼンチンに敗れてしまったことで首位を手放してしまったが、7試合を終えて4勝1分け2敗としコロンビア、エクアドルと並んで2位につける。次節、ウルグアイは6日に行われる試合でパラグアイをホームのモンテビデオに迎える。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月2日(金)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。