ここから本文です

「マヌカ」ハニーは誰のもの? NZと豪が綱引き

ウォール・ストリート・ジャーナル 9月2日(金)12時57分配信

 スーパーフードと言われ、米テレビタレントのコートニー・カーダシアンさんやプロテニス選手のノバク・ジョコビッチ氏なども愛用する高級蜂蜜「マヌカハニー」。この名称をめぐってニュージーランドとオーストラリアが綱引きを演じている。

 ニュージーランドの多くのマヌカハニー生産業者が加盟する業界団体「ユニーク・マヌカ・ファクター」は「マヌカ」がマヌカハニーの主成分となる蜜の取れる花を咲かせる木に同国の先住民族であるマオリ族がつけた名前だと指摘、同国の知的財産局に「マヌカ」の名称の国際商標登録を申請した。

 オーストラリアの業界団体はこれに反論、呼び名こそ「ジェリーブッシュ」だが、マヌカツリーの木と同じ木はもともと同国にもあると主張している(学名はギョリュウバイ)。

 オーストラリア・ミツバチ産業協議会のリンジー・バーク会長は「(ニュージーランドの生産者は)世界に供給する十分なマヌカハニーを生産できないと不平を言い、私たちの存在を忘れている」と話す。「われわれは最も近い友人であり、お互いに協力すべきだ」

 オーストラリア側は商標登録申請に異議申し立てを行う意向だという。

 ニュージーランドは世界第3位の蜂蜜輸出国で、年間の輸出額は2億2760万ドル(約235億円)に上る。その80%を占めるのがマヌカハニーだ。こうした事情をかかえるニュージーランドの懸念は大きい。この国の業者が恐れているのは、マヌカの木にとってちょうどいい気候の地域に住む人が苗を手に入れて、独自にマヌカを育て始めることだ。すでに少なくとも英国の製造業者1社がマヌカハニーを含むという蜂蜜を販売している。

 商標登録が認められれば、ニュージーランド以外の生産者は生産した蜂蜜に「マヌカ」という名称を使えなくなる。フランスのシャンパーニュ地方以外のワイン醸造業者がシャンパンと同じブドウ、同じ製法でスパークリングワインを作ってもシャンパンの名称を使うことができないのと同じだ。

 ユニーク・マヌカ・ファクターの広報担当者、ジョン・ロウクリフ氏は商標登録の申請について「国にとって価値のある名称と言葉を守るため」だと語る。

 誰もがマヌカハニーにこだわるのにははっきりした理由がある。ニュージーランド政府によると、通常の蜂蜜は1オンス(約28グラム)当たり約20米セントで輸出されるが、マヌカハニーの輸出価格は同3.4ドルになることもある。科学的な研究でマヌカハニーに傷や潰瘍、やけどを治す効果があることが分かり、人気に拍車がかかった。米国でも食品医薬品局(FDA)がマヌカハニードレッシングの販売を承認した。マヌカハニーにはのどの痛みを和らげたり、免疫力を高めたりするなどさまざまな効能があるというファンもいる。マヌカハニーの抗菌性は花の蜜に含まれる物質がハチの媒介によって変化し、強化されることで生まれる。

 男子テニス・シングルスで世界ランキング1位のジョコビッチ氏は朝起きたときにスプーン2杯のマヌカハニーを食べ、試合の合間にも摂取すると話したことがある。マヌカハニーのファンであるコートニー・カーダシアンさんはニュージーランドの化粧品メーカー「マヌカドクター」の広告に起用された。

 ユニーク・マヌカ・ファクターのロウクリフ氏はオーストラリアに生産拡大を急ぐ動きが見られることも商標登録を申請した理由の1つだと語った。

 オーストラリアでは、国内に生息する86種類のジェリーブッシュの木の中で適切な蜜を生成する種類を見極めるための研究を続け、新たな投資家が業界参入を目指している。既存の生産者も生産能力の拡大に取り組んでいる。

 オーストラリアの養蜂業者アクティブ・メディシナル・ハニーの経営者、マイケル・ハウズ氏は中国からの需要で市場が急拡大したと話す。同社はニューサウスウェールズ州に所有する養蜂箱を2倍の1000個に増やそうとしている。

 ニュージーランドでは誰もがオーストラリアの動きに動揺しているかと言えば、そうでもない。ニュージーランドの蜂蜜メーカー、コンビタはオーストラリア最大の蜂蜜会社キャピラノ・ハニーと合弁会社を設立、オーストラリア産の蜂蜜の調達を拡大する。コンビタがオーストラリア産のマヌカハニーを調達するのは価格が安いため。その理由はオーストラリア産マヌカハニーの味が消費者の好みに合わないからだが、コンビタのスコット・コルター最高経営責任者(CEO)によると、ほとんどが医療用なので問題ないという。

 オーストラリアがニュージーランドの商標登録申請に異議を申し立てるのも無理はないというのがコルター氏の見方だ。それはオーストラリアの首都キャンベラにマヌカという地域があるからだけではない。コルター氏はオーストラリアにはニュージーランドのマヌカの木と同じ種類の木があり、同じ種類の蜂蜜ができると語る。「だからニュージーランドだけがこの種類の蜂蜜を販売できると主張するのは難しい」

By LUCY CRAYMER

最終更新:9月2日(金)15時12分

ウォール・ストリート・ジャーナル