ここから本文です

中小企業振興へ提携 綾瀬市とマッチング企業

カナロコ by 神奈川新聞 9月2日(金)12時11分配信

 神奈川県綾瀬市と市商工会は1日、企業間のマッチングサービスを提供するリンカーズ(東京都千代田区)と業務提携の覚書を交わした。同社のサービスと市側が新設した工業データベース(DB)を連動させ、市内の中小企業振興につなげる狙いだ。

 綾瀬市は政令市を除き、県内最多の工業事業所が集積する。市と市商工会は2月に企業間取引を推進するDBを開設。同社はものづくりの分野で大手企業とのマッチングに定評があり、市側は市内企業のさらなる販路拡大を期待する。

 大手企業からの製品開発ニーズは同社を経由して市側に提供され、DB上に掲載される。このニーズに対応できる市内企業は、同社のマッチングシステムを活用して商談を進め、契約を目指す仕組みだ。電子機器や自動車の部品供給・加工といった取引が想定されている。

 同社は愛知県豊田市のような製造業が盛んな全国の自治体と、同様の業務提携を結んでいるが、県内では綾瀬市が初めて。DBには市内129社が登録しており、これまでに6件の契約が成立した。1日400件近いDBの閲覧があり、年度内に10件の成約を目指している。

最終更新:9月2日(金)12時11分

カナロコ by 神奈川新聞