ここから本文です

腸内年齢解析、実用化へ DeNAと森永乳業

カナロコ by 神奈川新聞 9月2日(金)20時41分配信

 DeNAライフサイエンス(東京都渋谷区)と森永乳業(東京都港区)は9月から、腸内フローラ(腸内細菌のバランス)からヒトの推定腸内年齢を判定する新たなサービスの実用化を目指し、共同研究に着手する。「未病産業」の創出に向けた県の本年度のモデル事業。

 森永乳業の研究によると、腸内フローラは肥満や腸疾患、大腸がんといった病気や老化に関連することが判明しつつある。今回の共同研究では、ヒトの便で推定腸内年齢を解析し、結果を「乳幼児型」「高齢者型」といったタイプ別に分類。その上で、参加者に食事内容の変化の有無や、適正なサービスの価格帯などをアンケート形式で調査する予定。

 DeNAは、同社が展開する一般消費者向け遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」の会員から参加者を千人以上募る。腸内細菌の解析は森永乳業が座間市に置く研究拠点で実施。DeNAは「将来的には血液検査よりも手軽に健康状態が分かるツールとなる可能性がある。アンチエイジングに対する人々の興味関心が高まっており、検査を受けた人の意識や行動の変化につながれば」としている。

最終更新:9月2日(金)20時41分

カナロコ by 神奈川新聞