ここから本文です

「進路妨害へのペナルティは不適切」ベッテルは話し合いでの解決を望む

オートスポーツweb 9月2日(金)4時4分配信

 セバスチャン・ベッテルは、F1スチュワードは進路妨害に対してペナルティを与えるのではなく、当事者同士で解決させるべきだと考えている。

ライコネンはフェルスタッペンの進路妨害が、ペナルティ対象ではないことに不満

 ベッテルはベルギーGPの土曜フリー走行中、ルノーのケビン・マグヌッセンが走行を妨害したとして、「なんて馬鹿馬鹿しいんだ。いまのを見たか? これはフリー走行だ。誰も(順位を)気にしないのに!」と無線で怒りをあらわにした。

 両者はスチュワードに呼び出され、互いの意見を主張。マグヌッセンの行為にペナルティは科されず、ベッテルも裁定に納得している。

「スチュワードのところへ行き、調査をし、問題は解決した。彼(マグヌッセン)の動きに当初は不満があったけれど、彼の意見を聞いた。そうやって解決すべきだと思う。ペナルティを与えるのは、適切ではない」 

 ドライバーはクリーンなアタックをするためのスペースを得ようとするため、セッション中に妨害が入ることは避けられないとベッテルは言う。

「特にスパのようなコースでは、渋滞の中を走るよりクリーンなアタックがしたい。誰もがそう望んでいる。ふたりのドライバーが同じラインを使いたがるという状況も、ときにはあって、そうなると邪魔が入ることになる。ただ全体的な話をすると、僕は(ペナルティを)好きにはなれない。ドライバー同士で解決させるべきだと思う」

「不満があるのなら、相手のところへ行って話し合えばいい。今回はスチュワードのオフィスで(マグヌッセンと)話し合って、問題はなかった」

 マグヌッセンもベッテルの意見に同意しており、スチュワードの対応を賞賛している。

「誰もコースアウトしていないし、接触もなかった。彼(ベッテル)にはスペースを残していた。そのときは腹を立てたようだけど、スチュワードと話し合いをした段階では冷静だったよ。実際、彼はペナルティを科すべきではないと主張した。公平で、良い対応だったと思う。次は(他車との間に)余裕を持って、もっと良い走りをするよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月2日(金)4時5分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。