ここから本文です

トロロッソのふたり、マシン・パフォーマンスの急低下に「なぜ?」打開策見えず

オートスポーツweb 9月2日(金)12時36分配信

 カルロス・サインツJr.は、ここ数戦のトロロッソの不調に疑問を呈しており、またチームがパワー不足以上の問題に苦しんでいるのではないかと考えている。

スランプからの打開策が見えないトロロッソ

 トロロッソは今季、コンストラクターズランキング5位を獲得できるのではと期待されていたものの、現在はマクラーレンに3ポイント差をつけられ7位である。

 前戦のスパではサインツが3度目のリタイアを喫し、チームメイトのダニール・クビアトが14位でゴールしたため、チームは2戦連続のノーポイントフィニッシュで週末を終えた。

 ライバル勢が2016年仕様のパワーユニットを使っている一方で、トロロッソは型落ちのフェラーリ製パワーユニットを使っているため、チームとしても厳しいシーズンになることは予想していたが、シャシーの改良によってその欠点を補えると期待していた。

 しかしながら、ドイツGPで導入された新しいエアロパッケージは思ったほどの効果を上げなかった。

「僕らのパワーユニットには明らかに限界があるけど、これは分かりきっていたことだし、この問題に備えて準備をしてきた」と語るサインツ。

「パワー不足を補うためにホッケンハイムにアップグレードを持ち込んだけど、ハンガリーGPのときと変わらず、僕らが望むようなパフォーマンスは発揮できなかったね」

「チーム内には『なんでパフォーマンスが改善しないんだ』っていう疑問に満ちた雰囲気が漂っている。ホッケンハイムは僕らにとってそれほど厳しいコースではなかったはずだし、スパもそれほど苦手とするコースではなかったはずだ」

「原因を調べてみるつもりだ。解決策が見つかるといいね」

■チームメイトのクビアトも首を傾げる


 新しいエアロパッケージにはフロア、フロントウイング、それにブレーキダクトが含まれているが、チームはそのアップデートをトラック上でうまく機能させられていない。

「決してアップグレードのせいにするわけじゃないんだ」とサインツ。

「でもトラックでのパフォーマンスが予想していたデータと違うんだよ。ピレリタイヤについて誰も完璧に理解できていないように、エアロについて理解するのは本当に難しいんだ」

「このことについて誰かを非難する気はまったくないけど、エアロに関して僕らは注視する必要がある。ここ最近のレースで、いきなりパフォーマンスが落ちてきたからね」



 同様に、クビアトもトロロッソの現状に困惑している。

「これに関して僕からは何の説明もできないよ。エンジニアたちにとっても、レースとレースの間は本当に時間が少なくて厳しい。でも彼らは問題の分析と対処に全力を尽くすだろうね」

「いつもなら直線区間でタイムを取り戻せるんだけど、僕らはそこでタイムを失ってしまっているんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月2日(金)21時30分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]