ここから本文です

マノー「Q3に進めるだけのポテンシャルはある」モンツァに自信をのぞかせる

オートスポーツweb 9月2日(金)18時0分配信

 パスカル・ウェーレインとエステバン・オコンは、イタリアGP予選でマノーがQ3に進出できるかもしれないと考えている。

「スーパーソフトを機能させられればQ3に」と語るオコン

 Q2進出を確信しているマノーの両ドライバーは、2010年のチーム創設以来到達したことのないQ3にも進出できるかもしれないと自信をのぞかせる。

 マノーはモンツァ仕様のローダウンフォースパーツを持ち込んでおり、さらに今週末はスーパーソフトタイヤが多く割り当てられているため、両ドライバーは予選で最大限が引き出せると意気込んでいる。

 “マシンはQ3に進出できるだけのポテンシャルを持っているか”と尋ねられたウェーレインは、「そう思うよ」と答えた。

「スパのP1で僕は9位だった。だからスパと同じかもう少しよい状況だったらQ3進出の可能性はある」

「先週末はスーパーソフトが5セットしか無かった。それが問題だったんだ。でも今週末は7セットあるから比較的優位なポジションにいると言えるだろう」



 同僚オコンは、マノーのマシンがモンツァに“完璧に”合っていると信じている。



「僕らにとってシーズンのハイライトになるだろうね」

「Q2進出の可能性は大いにあるし、Q3にも行けるかもしれない。そして先週末のようなトラブルに見舞われなければレースでもかなり力強いパフォーマンスが発揮できるはずだ」

「ストレートでの速さがあるので、そこで順位を守れるだろうね」

 オコンはスパの決勝でブレーキダクトに問題を抱え、1周当たり1秒を失った。

 しかしオコンはF1デビュー戦となったベルギーGPで、スーパーソフトタイヤを機能させることができなかった。

「スーパーソフトを履いての予選のペースを改善する必要があるね。テストドライバー時代には一度も使ったことが無かったんだ。ずっとソフトしか使ってこなかったけど、全然違ったね。ソフトに比べて猛烈にグリップが強いという感じではないけど、使い方次第でタイムがグッと縮まるんだ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月2日(金)18時7分

オートスポーツweb