ここから本文です

いよいよ今週末はWTCCもてぎ。ホンダvsシトロエンはガチンコ勝負に

オートスポーツweb 9月2日(金)19時35分配信

 WTCC世界ツーリングカー選手権の第9ラウンドとなる日本ラウンドは8月2日、ツインリンクもてぎで17時30分から写真撮影とセーフティカー先導によるシェイクダウンが行われた。

【もてぎを走る道上龍のホンダ・シビックWTCC】

 ツインリンクもてぎでは2015年に続く2回目の開催となる“格闘技レース”WTCC世界ツーリングカー選手権。ハードブレーキングの勝負でオーバーテイクが仕掛けられるもてぎは、14年まで開催されていた鈴鹿に比べ大幅にオーバーテイクが多くなっており、WTCCをプロモートするユーロスポーツ・イベントのフランソワ・リベイロも「もてぎはWTCCにとって最高のコース」と絶賛する。

 この日は本格的な走行がなく、シェイクダウン時にブレーキの焼き入れ等を行ったのみ。そのため、ホンダ・シビックWTCC、シトロエンC-エリーゼWTCC、ラーダ・ベスタWTCC、ボルボS60 WTCC、シボレーRMLクルーズTC1という5車種のうち、どのマシン、チームが速いのかは正直まだ分からない状況だ。

■同ウエイトのガチ勝負。ホンダはシトロエンを制するか
 今回のもてぎラウンドをうらなう上で重要なのは、車種ごとに課せられるWTCC特有のコンペンセイションウエイトだ。今季はシトロエンがずっと最大の80kgだったが、今回ホンダ・シビックも同数の80kgというウエイトを積む。

 昨年はレース1でホセ-マリア・ロペスに勝利を許したものの、リバースグリッドのレース2ではティアゴ・モンテイロが優勝を飾った(今季はオープニングレース、メインレースという名称)。今年は同ウエイトでのまさに“ガチンコ”勝負となる。「たとえウエイトが重くなったとしても、僕たちはホンダファンの前でレースができることが楽しみだよ」とモンテイロは語る。

 一方、同ウエイトでホンダと戦うことになるシトロエンの王者ロペスは「どうなるかとても楽しみだよね。僕たちは今シーズンの最初からこのウエイトで走らせてきて、それに対応するセットアップを強いられてきた」という。

「シトロエンだけでなく、ホンダも同ウエイトになるのは初めてのことだ。ホンダは70kgを積んでいたハンガリーでもすごく接近していたから、接戦になると予想するよ。もちろんラーダ、シボレーの存在もあるし、今年いちばんタフなレースになりそうだね」

■道上龍のWTCCデビュー戦はいかに!?
 また、今回最も注目と言えるのが、スーパーGTやフォーミュラ・ニッポンで長年ホンダのエースとして活躍してきた道上龍のWTCCデビューだ。地元戦でのスタードライバーの参戦はリベイロも「日本人ドライバーがホンダのファクトリーカーで戦う歴史的なイベントとなる」とプロモーターの立場から期待する。

 すでに道上はスペイン、さらに先日は岡山国際サーキットでシビックWTCCを走らせており、「予選トップ10を狙えるタイムが出ている」と確実な手ごたえを得ている様子。ただ、WTCC特有の走らせ方への対応が重要になってきそう。その点では、9月3日(土)に2回用意されているフリープラクティスでの走行が大切になってきそうだ。

「今後のレース人生を考えても、世界のトップドライバーたちと戦うことができるのは得るものがあると思います。とにかく楽しみたいですね」と道上。

 WTCCでは、王者ロペスがスポット参戦した地元戦でチャンスをつかみ、スターダムへの道を駆け上がっていった歴史もある。また、地元ドライバーの活躍も多いレースだ。さらにオープニングレースはリバースグリッドで、いかようにも上位走行のチャンスはある。日本のレース界の期待を背負う道上の活躍が楽しみなところだ。

■ドライバーのテクニックが分かりやすいレース
 また、15年開催の際にも大いに目についたのが、コーナリングでのドライバーの技術やマシンの特性が分かりやすいところだ。もてぎは先述のとおりブレーキングが勝負どころとなるが、コーナリング時にイン側のリヤをリフトさせながらコントロールしているさまは必見だ。また、ドライバーによってそのスタイルもさまざまで、見ていて大いに楽しめる。

 さらに、今年度から自転車のツール・ド・フランスを参考に導入された予選後のタイムアタック『MAC3』も要注目。メーカーごとに選抜された3台が、コントロールラインから同時にスタートを切り、そのタイムでメーカーごとに勝負。マニュファクチャラーポイントを得ることができるのだ。

 このMAC3が開催されるのは、もちろん日本では初めてだ。多くの開催地で好評を得ているイベントだけに、ぜひ現地で見ておきたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月2日(金)19時37分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]