ここから本文です

MotoGP第12戦イギリスGP初日:イアンノーネ総合トップ。コンマ3秒差でスズキが続く

オートスポーツweb 9/2(金) 23:46配信

 MotoGP第12戦イギリスGP、MotoGPクラスは、イギリスのシルバーストンサーキットで1日目の2回のフリー走行を行い、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)が2分01秒421で初日総合トップに立った。

 MotoGPクラスのフリー走行1日目は午前中の1回目、午後の2回目共に曇り空の下、ドライコンディションで行われた。1回目のセッションでマシンのエンジンがブロー、7番手に終わっていたイアンノーネだが、2回目のセッションでは開始9分すぎにリーダーボードのトップに立つと、中盤すぎまでトップをキープする。

 残り6分となったところで、カル・クロッチロウ(LCRホンダ)がファステストを更新、クロッチロウは2周連続でファステストを更新するなど、前戦チェコでの初優勝からの好調さををホームレースでもキープ。

 しかし、残り4分を切ったところでマーベリック・ビニャーレス(スズキ)がファステストを更新してトップに浮上する。午前中の1回目でトップタイムを記録していたビニャーレスが2回目もトップで終えるかと思われたが、最後のアタックでイアンノーネが2分01秒421を記録して逆転に成功、初日総合トップとなった。

 総合2番手に2分01秒721でビニャーレス、クロッチロウが2分01秒917で総合3番手に続き、上位3名がサーキットレコードを上回るタイムを記録した。

 総合4番手に2分02秒032でホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ)、総合5番手に2分02秒240でマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が続いた。マルケスは午前中の1回目に12コーナーで転倒を喫したものの、大きなダメージはなかった。

 バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)は2分02秒262で総合6番手に。総合7番手に2分02秒267でアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ)、総合8番手に2分02秒364でアレイシ・エスパルガロ(スズキ)、総合9番手に2分02秒372でダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)、総合10番手に2分02秒533でスコット・レディング(プラマック)の順で続き、レディングはホームレース初日をインディペンデントチームトップで発進。

 ポル・エスパルガロ(ヤマハ・テック3)が2分02秒573で総合11番手、エクトル・バルベラ(アヴィンティアレーシング)が2分02秒608で総合12番手、ダニロ・ペトルッチ(プラマック)が2分02秒985で総合13番手、ユージン・ラバティ(アスパー・チーム)が2分03秒118で総合14番手、ロリス・バズ(ドゥカティ)が2分03秒370で総合15番手で続き、総合16番手に2分03秒380でヨニー・エルナンデス(アスパー・チーム)。オーストリアGPのケガで2戦を欠場したジャック・ミラー(マークVDS)はメディカルチェックにパスし、今レースから復帰、2分03秒631で総合17番手となった。

 総合18番手に2分03秒642でステファン・ブラドル(アプリリア)に続き、負傷欠場したブラドリー・スミスの代役として参戦するアレックス・ロウズ(ヤマハ・テック3)は2分03秒855で総合19番手に。総合20番手に2分04秒400でアルバロ・バウティスタ(アプリリア)、総合21番手に2分05秒196でティト・ラバット(マークVDS)の順となった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/2(金) 23:49

オートスポーツweb