ここから本文です

浜野謙太、松田翔太を前に「月9、よろしく!」 『ディアスポリス』触れずにタジタジ

クランクイン! 9/2(金) 13:00配信

 映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』に鈴木博隆役で出演する俳優・歌手の浜野健太が、TBSのバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』に出演。この日は映画で共演している松田翔太も登場、誘われて出向いた浜野のライブステージでのエピソードが明かされた。

【関連】「浜野謙太」フォトギャラリー


 NHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、フジテレビのドラマ『好きな人がいること』など、様々な作品に出演する浜野。共演の松田は以前、浜野のバンド・在日ファンクのライブに『ディアスポリス 』のスタッフ陣とともに招待され会場に赴くと、隣には『好きな人がいること』のスタッフ・キャストが。

 そしてライブで浜野が「今度から月9出るんで、よろしく!」って叫んでそのまま帰って行ったことに対して松田は「月9の方 なんですよね」と痛烈なツッコミ。浜野は「違う違う、そんなことない!一番前にいたけど、イジられるの嫌いかなって思って…」と焦った表情で弁解、笑いを誘う。

 また、現場では後輩芸能人から慕われたいと日頃から考えているという浜野は、『とと姉ちゃん』で共演した高畑充希、坂口健太郎らを焼肉に誘ったという。だが、個室を頼んだつもりが、案内されたのは隣に大学生のグループがにぎやかに楽しんでいるような場所だったことを明かし「高畑と坂口を、あんなところに座らせてしまった」と、面目丸つぶれだったと当時を振り返った。

最終更新:9/2(金) 13:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]