ここから本文です

クロエ・モレッツ、ブルックリン・ベッカムに“ベッタリ過ぎて”破局か

クランクイン! 9/2(金) 11:45配信

 4月に復活愛が伝えられて以来、ラブラブ交際が続いていた女優クロエ・モレッツと、デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムの長男ブルックリン・ベッカムが破局したという。Page SixやThe Sunなどの海外メディアが伝えた。

【関連】「クロエ・モレッツ」フォトギャラリー


 情報筋の話によると、別れを切り出したのはブルックリンのほうらしい。ロンドンに実家があるブルックリンはロサンゼルスとロンドンを行ったり来たりする生活を送っていたが、ブルックリンがLAを去るたびにクロエが激しく寂しがり、“ベッタリしすぎる”ことが原因で別れたとThe Sunは伝えている。

 「ブルックリンはまだ若く、彼の人生はこれからなので、面倒はご免といった感じですね」と情報筋。「始めは彼女に夢中でしたが、時間が経つにつれクロエが真剣な交際を望みました。彼は大西洋の反対側にいるわけですから、それは無理な話でした」と語った。
 
 現時点でクロエやブルックリンから破局についてコメントは出ておらず、報道が事実かは不明。2人のインスタグラムには仲睦まじい2人の写真が残ったままだ。

 過去にも破局と復活愛を繰り返したクロエとブルックリン。破局したことが事実であっても、まだまだ若い2人が再びヨリを戻す可能性は高いかもしれない。

最終更新:9/2(金) 11:45

クランクイン!