ここから本文です

魚津市・西布施地域活性化施設の安全祈願祭 住民の交流の場に

北日本新聞 9月2日(金)16時18分配信

 魚津市の旧西布施小学校跡地に整備する西布施地域活性化施設(仮称)の安全祈願祭が2日開かれ、関係者が工事の無事を願った。

 施設は住民らの交流拠点として整備される。木造平屋建て延べ492・3平方メートルで、10月末の着工、来年3月24日の完成を予定する。設計には住民の意見も取り入れた。地元産のスギをふんだんに使い、木のぬくもりが感じられる施設になるという。防災グッズを収納する倉庫も備える。

 祈願祭には、市や工事の関係者ら18人が出席した。村椿晃市長らが鎌を入れ、玉串を奉納した。村椿市長は「施設で市内外の人たちによる交流が広がり、西布施地区が活性化することを期待したい」とあいさつした。

北日本新聞社

最終更新:9月2日(金)16時18分

北日本新聞