ここから本文です

ベニズワイガニ初競り 新湊・漁港に活気

北日本新聞 9月2日(金)16時29分配信

 富山湾の味覚「ベニズワイガニ」の今シーズンの初競りが2日、射水市八幡町の新湊漁港で行われた。競り会場は色鮮やかなカニが並べられ、活気づいた。

 ベニズワイガニ漁は毎年1日午前0時に解禁され、ことしは新湊漁協所属の漁船5隻が沖合にカニかごを仕掛けた。2日に4隻がかごを引き揚げ、水揚げは昨年より680匹少ない2500匹だった。

 漁港の競り場にはサイズ別にカニが並べられ、午後1時に競りがスタート。競り人の威勢の良い声が場内に響き、仲買人がお目当てのカニを次々と競り落とした。

 ベニズワイガニ漁は11月末から1月ごろに最盛期を迎え、来年5月末まで漁を行う。

北日本新聞社

最終更新:9月2日(金)16時29分

北日本新聞