ここから本文です

「南砺菊まつり」へ苗植え 福野小児童

北日本新聞 9月2日(金)18時43分配信

 11月3~13日に南砺市柴田屋(福野)の市園芸植物園で開かれる「南砺菊まつり」に向け、同市福野小学校の5年生110人が2日、同校で、まつり会場に飾るスプレーギクの苗を鉢に植えた。

 児童によるキクの栽培は毎年恒例の取り組み。子どもたちはまつりの実行委員で市菊花協会員の高瀬英明さん(78)=同市二日町・福野=や植物園の職員に教わりながら作業した。植物園が開発した「南砺ラシッドスプーン」「南砺エルドラード」「南砺フレーミングレッド」の3品種の苗を鉢に植えていった。

 児童は毎日2回の水やりをするなどして育てる。10月末に植物園に運び込まれ、まつり期間中、会場の一角に展示される。

北日本新聞社

最終更新:9月2日(金)18時43分

北日本新聞