ここから本文です

ロッテの“4番”デスパイネが途中交代 伊東監督「左手首の痛みが強いということを…」

ベースボールキング 9月2日(金)0時20分配信

 1日のオリックス戦、「4番・指名打者」で先発出場したデスパイネが左手首を痛め途中交代した。

 この日のデスパイネは初回、二死走者なしの第1打席が空振り三振、3回無死一、二塁のチャンスで迎えた第2打席も見逃し三振。5回一死一塁の第3打席、二ゴロ併殺打に倒れ、8回に打席が回ってきたところで、代打を送られ途中交代となった。

 伊東勤監督は試合後、「デスパイネが左手首をちょっとね…痛みを我慢してやってくれていたんですけど、今日は痛みが強いということを練習の時に言っていました。明日は様子を見ます」とデスパイネの状態を説明。

 リーグ3位の87打点を記録し、開幕から4番打者として打線を引っ張ってきたデスパイネ。チームの得点源であるだけに、2日の西武戦でも、「4番・指名打者」で先発出場して欲しいところだ。

BASEBALL KING

最終更新:9月2日(金)0時33分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。