ここから本文です

ここからが本番!セを盛り上げる昨季王者・ヤクルトの逆襲

ベースボールキング 9/2(金) 13:10配信

春先は不調も…

 25年ぶりVへ、広島が独走状態に入った。優勝マジックは「9」となり、いよいよ秒読み段階。その一方で、火花が散り始めたのがCS圏内を巡る3位争いだ。

 ここに来て低迷していた昨季の覇者・ヤクルトが好調。DeNAと阪神の争いに割って入り、現在は3位まで1ゲームに迫っている。

 14年ぶりにリーグ優勝を達成した昨季から一転、最下位に沈むこともあったツバメ軍団。守護神トニー・バーネットのメジャー移籍や、代役だったローガン・オンドルセクの突然の退団などもあってリリーフ陣が崩壊。川端慎吾や畠山和洋といった打線の軸もケガで欠き、今季のセ・リーグでは唯一、貯金生活を経験していない。

 しかし、8月に入ってからは状況が変わりつつある。川端、畠山のみならず山田哲人に雄平と打の役者を欠きながら、投手陣の踏ん張りもあって15勝9敗と大きく勝ち越し。長らく5位~6位を行き来していたチームだったが、一気にCS圏が見える位置まで浮上した。

エース・小川が復調

 上でも触れた通り、ここに来て投手陣が安定してきたことが一番大きい。

 チームの月間防御率を振り返ってみると、3・4月が5.14、5月が4.54、6月が5.52、7月が5.11と悲惨な状況が続いていた。それが8月に入ると、開幕から苦しんでいた左右の両輪・小川泰弘と石川雅規が復調。アンダーハンドの山中浩史も持ち味を発揮し、先発陣が試合を作れるようになった。

 中でも小川はスイッチが入ったかのような激変ぶりを見せ、8月は5試合で4勝負けなし、防御率2.08を記録。8月17日のDeNA戦からは3試合連続で完投勝利を挙げるなど、ここへ来てエースとしての存在感を発揮している。

野手は今浪が存在感

 また、野手陣も故障者が続出したことがいい方向にも転んだ。

 若手や中堅に多くのチャンスが与えられた中で、西浦直亨や谷内亮太、今浪隆博、鵜久森淳志らがしっかりとアピール。結果的に野手の選手層が厚くなった。

 特に一塁と三塁で先発出場することが増えた今浪は、中軸を任されるなど“打”で猛アピール。7月10日の中日戦で先制3ランを放てば、12日の阪神戦でも先制打を放つなど、7月は月間打率.341を記録した。

 加えて代打でも打率.382と勝負強さを発揮しており、スタメンでも途中からでも結果を残す貴重な存在となっている。

勝負はこれから

 思えば14年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた昨季も、前半戦では40勝43敗1分の4位に終わっていた。

 それが後半戦で36勝22敗1分と「14」の勝ち越しを作り、一気に頂点へと上り詰めている。

 そして今季も、前半戦は38勝49敗1分で最下位。そこから後半戦で19勝17敗と盛り返し、いよいよ勝負ができる位置まで上がってきた。

 投手陣が安定し、野手も川端や雄平といったところが復帰目前。ヤクルトにとっての“本番”はこれから。9月戦線は、昨季王者の巻き返しに注目だ。

BASEBALL KING

最終更新:9/2(金) 17:02

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。