ここから本文です

6連敗の阪神、CS遠のく借金「14」 初先発の秋山、初回3失点で黒星

ベースボールキング 9月2日(金)21時7分配信

● 阪神 3 - 5 DeNA ○
<20回戦・甲子園>

 DeNAが初回3得点の速攻を見せ、連敗を3でストップ。対する阪神は今季最長となる6連敗となり、CS進出が遠のく借金「14」となった。

 阪神は今季初先発となった秋山が、初回に先頭からの3連打を浴びあっさり失点。その後も一死二、三塁から5番宮崎に2点適時打を中前へ運ばれ、初回から3点のビハインドを背負った。3回以降はパーフェクトに抑えた秋山だったが、初回の失点が重く5回3失点で今季初黒星を喫した。

 打線は3点を追う5回、5番ゴメスが21号ソロを左翼席中段へ運ぶと、続く中谷も4号ソロをバックスクリーンへ。中軸の2連発で反撃ムードが高まったが、その後は9回に1点を返すのがやっとだった。阪神は6回に登板した2番手・松田、9回登板の5番手・高橋が、代わり端をスタンドへ運ばれ再び3点差。この日も投打が噛み合わない試合運びで、本拠地・甲子園でも4連敗となった。

 対するDeNAは、2本塁打を含む7安打で効率よく5得点。先発の石田は7回を2失点に抑え9勝目(4敗)。8回は山崎康、9回は三上のリレーで逃げ切り、最終回を1失点で凌いだ三上は今季2セーブ目(2勝3敗)を手にした。

BASEBALL KING

最終更新:9月2日(金)21時8分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。