ここから本文です

「りんご音楽祭2016」、第10弾出演アーティスト発表! 一部タイムテーブルも公開

RO69(アールオーロック) 9月2日(金)12時0分配信

2016年9月24日(土)~25日(日)に長野県アルプス公園にて開催される「りんご音楽祭」の第10弾出演アーティストで15組が発表された。

この発表で、海リリリ、THE END、carin(虹色J●POP)、DJ JUN(samsara)、テンション花車(クラブ竹鶴)、ノンブラリ、姫乃たま、hori(虹色J●POP)、みずすましの出演が明らかとなった。

また、「りんご音楽祭」オーディション「RINGOOO A GO-GO」の全選出アーティスト26組のほか、「おやきステージ」と「きのこステージ」のタイムテーブル、シャトルバスの時刻表や場内マップとともに公式サイトにて公開された。

公式サイトはこちら
http://ringofes.info/artist/2016-10/

これで今年のりんご音楽祭の出演者が出揃い、各出演者の出演日もほぼ決定した。「わさびステージ」を含めた全タイムテーブルは来週発表される予定となっている。

合わせて、加山雄三率いるTHE King ALL STARSやPUNPEEなど、出演アーティストからの、参加への意気込みや想いを語ったコメント動画が公開された。コメント動画は公式チャンネルにて随時更新されていく予定。

公式チャンネルはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCcWXEBkD_DSJlbxTkdSw66g

イベント情報は以下のとおり。

●イベント情報
「りんご音楽祭2016」
日時:2016年9月24日(土)9:30~21:00/2016年9月25日(日)8:30~20:00
※雨天決行・荒天中止

場所:長野県松本市アルプス公園(〒390-0861 長野県松本市 蟻ケ崎2455番地)

<チケット情報>
1日券 ¥7,000
通し券 ¥13,000
グループ1日券(4名分) ¥26,000
グループ通し券(4名分)¥50,000
キャンプ券 ¥15,000/2泊3日・1張(3.5m×3.5m以内) SOLD OUT
休憩広場券 ¥3,500/1日・1張(8㎡以内・休憩広場券はりんご音楽祭OFFICIAL ONLINE SHOPでのみ販売)
※15歳以下、60歳以上の方、また、東北と熊本の一部被災地在住の方は入場無料(要身分証・受付にてリストバンドへ引き換え必要)

・一般発売
ローソンチケット:http://l-tike.com/ringofesticket/ (通し券・1日券 Lコード:77338/グループ券 Lコード:77353)
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/ringofes/ (1日券Pコード:302-940/通し券 Pコード:782-332)
e+ http://eplus.jp/ringofes2016/
楽天チケット http://r-t.jp/ringo
クラベリア https://goo.gl/jDXCXB
りんご音楽祭OFFICIAL ONLINE SHOP http://ringofes.thebase.in
※キャンプ券・休憩広場券は1枚でテント1張が利用可能です。1人1枚必要ではありません。
※詳細はHPの注意事項をご覧下さい。

<24日出演者>(あ→ん順)
DJ EYヨ(BOREDOMS)/AKIRA(GOLD EXPERIENCE)/ALTZ/ECD + ILLICIT/TSUBOI/韻シスト/FDFANTA汁CHILLSTASKI(HIPHOP最PSY高CORE会議)/THE END/okadada/掟ポルシェ/THE OTOGIBANASHI’S/おとぎ話/踊ってばかりの国/OBRIGARRD/KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)/THE King ALL STARS/XTAL(Traks Boys/(((さらうんど))))/CMT/shobbicons/CICADA/jizue/Shing02/G.RINA & Midnight Sun/SO(GURAGURA)/Cherryboy Function/dhyan/DC BRAND’S(DJ藤井隆+DJ掟ポルシェ+DJミッツィー申し訳)/どついたるねん/tofubeats/Dorian/TREKKIE TRAX CREW(andrew/Carpainter/futatsuki)/NAGAN SERVER × DJ YASA(KIREEK)× Shoichi Murakami(UCND)/ナマコプリ/NATURE DANGER GANG/Negicco/DJ NOBU(FUTURE TERROR)/花形ハヤシ/早見優/PUNPEE/姫乃たま/DJ PIN/藤井隆/フジロッ久(仮)/前野健太/DJ MITSU(nobodyknows+)/向井秀徳アコースティック&エレクトリック/武藤昭平 with ウエノコウジ/MEXMAN & SOL CUESTA/夕暮れの動物園/吉田一郎不可触世界

<25日(日)出演者>(あ→ん順)
青葉市子/AOSHO(三茶番外地)/アナログフィッシュ/あふりらんぽ/Apotheke/eastern youth/井の頭レンジャーズ/王舟/OKI(mancheez)/Omega f2;k/GAGLE
ギターウルフ/KILLER-BONG/KIREEK/ぐっとクルー/クリトリック・リス/小林径/サイプレス上野とロベルト吉野/ささきりょうた/ジ・オーパーツ/Sugar's Campaign/DJ JUN(samsara)/水曜日のカンパネラ/dj sleeper(りんご音楽祭)/せのしすたぁ/ZEN-LA-ROCK/Tanukeep(RICE)/テンテンコ/DOTAMA/TOBY/Nabowa/ニイタカヤマ/PART2STYLE SOUND/PAPA U-Gee/原田茶飯事バンド/DJ HIKARU(O.K.? Tropical Ghetto.)/一十三十一(clubset)/HIROSHI WATANABE a.k.a KAITO/PUSHIM/FRYING DUTCHMAN/FRANKIE PARIS/THA BLUE HERB/HOME GROWN/Polaris/MASSIVE(BASIN BASS BASH)/DJ MAMEZUKA/DJ MAYURI(metamorphose)/みずすまし/MOROHA/DJやけのはら/YOU THE ROCK★ & DJ DA-15/DJ YOGURT/YOCO ORGAN/ラビラビ/呂布カルマ/LEGENDオブ伝説 a.k.a サイプレス上野/ロベルト吉野 a.k.a. DAVE93

<両日出演>(あ→ん順)
赤土(RITTO/HiNaLow/POPO JOHNY/勇治/CHEEBA/4号棟)/ASA3000[Live Painting]/iSOP(Steamwork)/ina takayuki[Live Painting]/ヴィーナス・カワムラユキ(しぶや花魁)/海リリリ/MCウクダダとMC i know/kaoliquid[Liquid Lighting]
carin(虹色J●POP)/川辺ヒロシ (TOKYO No.1 SOUL SET)/Campanella/KIM(DENKIROK/Ku'Damm)/DJきらきら富山さん(Record & Music Bar “on”/Ku’Damm)/GRINDCIRCUS/C.O.S.A./SCIBATTLON/sid yuuri+vaaaahana(秘境祭)[凸]/SNEEK PIXX + ハラタ アツシ [VJ + Liquid Lighting]/TECHNOMAN/手塚太加丸(BARRACK)[凸]/テンション花車(クラブ竹鶴)/DRAMATICBOYS(秘境祭)/hori(虹色J●POP)/Mr.マジック・バジャール a.k.a カレー屋まーくん/VJ mitchel(visual and echo japan)[VJ]/Yacheemi(餓鬼レンジャー)[DANCER]/YAVAO(渋家)[Lighting]/DJ YUKI

<出演日調整中>(あ→ん順)
TWEE GRRRLS CLUB/Tempalay/ノンブラリ/平賀さち枝/プププランド

<RINGOOO A GO-GO 2016 選出アーティスト(あ→ん順)
I Saw You Yesterday/微酸的偷窺狂 Acidy Peeping Tom(from 台湾)/Easycome/unizzz... /大比良瑞希 with 伊藤修平 & 熊井吾郎/大野雄介/Orland/空白器官/showmore/Slow Riddim & Good Times/Sentimental boys/nuke/ネム/バケツドラマーMASA/ハロルド/ペドラザ/豆尖/むぎ(猫)/メロウ・イエロー・バナナムーン/MONO NO AWARE/よいまつり/THEロック大臣ズ/ローホー/THE ROAMERS/The Wisely Brothers/WATT a.k.a ヨッテルブッテル & DJ MU

http://ringofes.info/artist/2016-10/

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月2日(金)12時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。