ここから本文です

THE BACK HORN、バラードシングル『With You』&完全生産限定DVDを同時リリース!

RO69(アールオーロック) 9/2(金) 18:20配信

THE BACK HORNが、2016年10月19日(水)に通算24作目となるニューシングル『With You』と、完全生産限定盤のDVD『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』を発売することを発表した。

シングル表題曲“With You”は、近年のシングルではなかった久々のバラード曲で、亀田誠治プロデュース。ストリングスとピアノが加わったサウンドになっているという。カップリングには、新曲“言葉にできなくて”、2015年に開催したワンマンライブ「『KYO-MEI SPECIAL LIVE』~人間楽団大幻想会~」から、スペシャル編成での“世界中に花束を Live at 渋谷公会堂”が収録される。

このシングルは、初回限定盤、通常盤の2形態でリリースされ、初回限定盤には2015年4月に渋谷公会堂で行われたワンマンライブ「『KYO-MEI SPECIAL LIVE~人間楽団大幻想会~』 Live at 渋谷公会堂」から“光の結晶”“涙がこぼれたら”“美しい名前”“戦う君よ”“泣いている人”などストリングスとキーボードを交えたスペシャル編成を含むライブ映像が収録されたDVDが付属する。

そしてDVD『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』は、2年ぶりのオリジナルアルバム『運命開花』のリリースに伴い行われたツアーより、2016年6月に新木場STUDIO COASTで開催された最終公演を全曲収録したDISC-1と、ツアーの模様をメンバーとスタッフが撮影した約1000時間に及ぶ密着映像を、今回初めて菅波栄純(Gt)が自ら監督・編集を行ったDISC-2で構成。収録時間は合計200分を超えるという。また、岡峰光舟(Ba)と、カメラマン・橋本塁が撮影したツアーフォトによるフルカラー全80ページにおよぶ「スペシャルフォトブックレット」が封入される。

なお、DISC-1収録の新木場公演の模様は、ニコニコ公式生放送で中継された映像とは異なり、カメラ台数が増え、新たな編集が施されるという。

また、タワーレコード全国各店、タワーレコードオンラインでは、シングルの先着購入特典としてオリジナルステッカーが、シングルとTOUR DVDの同時購入特典として、「運命開歌ツアー」でステージに掲げられた岡峰デザインのバックドロップをミニサイズにした「運命開歌風呂敷」がプレゼントされる。

リリース情報は以下の通り。

●リリース情報
『With You』
2016年10月19日(水)
(初回限定盤):VIZL- 1072 / ¥2,000+税
(通常盤):VICL- 37231 / ¥1,200+税
CD収録内容:
1. With You
2.言葉にできなくて
3.世界中に花束を Live at 渋谷公会堂

初回盤特典DVD収録内容:
『KYO-MEI SPECIAL LIVE~人間楽団大幻想会~』 Live at 渋谷公会堂
1.オープニング–朝靄の羅針盤-(Live SE「KYO-MEI SPECIAL LIVE」~人間楽団大幻想会~)
2.航海
3.光の結晶
4.涙がこぼれたら
5.泣いている人
6.美しい名前
7.戦う君よ

『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』
2016年10月19日(水)
(完全生産限定盤 / 2DVD+BOOK):VIZL-1080 / ¥4,600+税
DISC-1:
『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』ツアーファイナル at 新木場STUDIO COAST (2016.6.12)
1. オープニング –destiny –(Live SE「KYO-MEIワンマンツアー」~運命開歌~)
2.暗闇でダンスを
3.ダストデビル
4.戦う君よ
5.その先へ
6.胡散
7.赤眼の路上
8.コワレモノ
9.シュプレヒコールの片隅で
10.悪人
11.君を守る
12.冬のミルク
13.美しい名前
14.tonight
15.魂のアリバイ
16.シンフォニア
17.刃
18.カナリア
-Encore-
19.舞い上がれ
20.罠
21.コバルトブルー
-Double Encore-
22.無限の荒野

DISC-2:
『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』 ドキュメンタリー

BOOKLET:
『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』 スペシャルフォトブックレット

KYO-MEIスペシャルパッケージ仕様

RO69(アールオーロック)

最終更新:9/2(金) 18:20

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]