ここから本文です

金沢おどり、ぼんぼりに情緒 22日開幕、金沢駅周辺に設置

北國新聞社 9月2日(金)2時21分配信

 22~25日に金沢市の県立音楽堂邦楽ホールで開催される第13回金沢おどり(同実行委員会、一般財団法人県芸術文化協会、北國新聞社主催)に向けて1日、JR金沢駅もてなしドーム周辺にぼんぼりが設置され、和の情緒を漂わせた。

 ぼんぼりは、金沢駅と県立音楽堂を結ぶ道のりに並んだ。夕方には明かりがともされ、金沢のひがし、にし、主計(かずえ)町(まち)の三茶屋街の芸(げい)妓(こ)が総出演する華やぎの舞台を発信した。

 各日午後1時と同4時に開演する。入場料はS席(指定)7700円、A席(自由)6100円で、プラチナ席は売り切れた。問い合わせは北國新聞読者サービスセンター=076(260)8000=まで。

北國新聞社

最終更新:9月2日(金)2時21分

北國新聞社

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。