ここから本文です

敗戦に落胆のハリル「心の底からガッカリ。真の日本代表の姿ではなかった」

SOCCER KING 9月2日(金)0時45分配信

 ホームでUAE(アラブ首長国連邦)にまさかの逆転負けを喫した日本代表。ロシア行きの道程でいきなりつまづき、落胆の表情で記者会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「心の底からガッカリしている。我々の実力が示された。これを受け入れるしかない」と開口一番にコメント。「期待していたとおりのプレーができなかった。相手のほうがリアリストだった」と受け入れがたい敗戦について触れた。

 2カ月にわたって合宿を行い、入念な調整を続けたUAEに対して、日本は全選手が揃ったのが2日前。指揮官は「ボールを早く動かすように要求していたが、望んだようなプレーが実行できなかった」と振り返った。

 その要因としてピックアップしたのが、危惧されていたコンディションのばらつきだった。狙いどおりのサッカーができなかった理由に「疲労も考えられる。何人かの選手は狙ったプレーをするだけのフィジカルコンディションになかった」と話し、自身の選手選考に関して「なぜこのような選手を選んでしまったのか、自分でも疑問を抱いている。ただ、それ以外にいい選手がいなかった」とした。

 求めていた守備ができなかった点も反省材料に挙げた。「守備面でも能力の限界を見せたかなと思う。最後の30メートル(ディフェンシブサード)でFKを与えてはいけない」と伝えながら相手を倒して直接FKから同点弾を許した。PKを与えたシーンに関しては数的有利な状況で相手選手を囲い込みながら突破を許し、足を伸ばしたところで引っ掛けてしまった。「PKの2失点目はは3対1の状況でボールを奪いに行きながらボールを奪えなかった。それが実力です」としたハリルホジッチ監督は「守備面でも能力の限界を見せたかなと思っている」と厳しい口調で語った。

 巻き返しのためには6日に行われるタイとのアウェーゲームで勝ち点3の獲得が必要不可欠となる。いきなり迎える正念場に向けてハリルホジッチ監督は「今夜の日本代表は真の姿ではない。コンディションを考えて、試合前から最高の試合ができないことは予想していた。だが、我々はこれまで何度も素晴らしい試合をしてきた。少なくとも次の試合までに疲労を回復させて、フィジカル的にいい状態にしたい。今夜は厳しい結果になってしまったが、ポジティブな面も見られた。次の試合ではもっとプレースピードを上げてくれることを期待している。タイ戦ではより強い気持ちを持って、勝利を探しに行く。希望は失っていない。良い試合ができると信じている」と前を向いた。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)1時35分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。