ここから本文です

本田が断言! UAE戦の敗戦理由は「数値では測れない“勝負弱さ”」

SOCCER KING 9月2日(金)7時35分配信

「勝負弱かった」

 UAE(アラブ首長国連邦)代表にホームで痛恨の逆転負けを喫した一戦をこう振り返ったMF本田圭佑(ミラン)が、日本代表に“気合”を求めた。

 日本代表は9月1日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の初戦でUAEと対戦。12分に本田のW杯予選7試合連続ゴールで幸先良く先制したが、20分に直接FKを、54分にはPKを決められて、1-2の逆転負けを喫した。

「当然ながら全く想定していなかった結果」という本田だが、試合中からチームのメンタル面に物足りなさを感じていたという。「勝負弱かった。どういう内容であれ、勝ち切らないといけない。今の日本代表は数値上はすごくいい戦力だと思うけど、試合で勝つという部分は数値で測れないもの。そこが欠けているのは間違いない」と敗因を断言した。

 この試合を通じてチームが欠いた「数値で測れないもの」として、「根本的な気合と根性」を求める本田。そういった強い思いを前面に出せなかったことこそが、”勝負弱さ“につながっていると主張する。

「負けず嫌いな部分が90分の中で大事なことであり、求められていること。今のチームに地味に足りないところだと思う。(試合は)数値で測れない勝負強さというような、勝負に慣れているかどうかとか、厳しさを経験してきたかどうかとか、そういう積み重ねの集合体だと思う」

 では、“勝負強さ”を培うには何が必要なのか。本田は改めて海外でプレーする重要性を説く。

「Jリーグの選手がもっと海外に出て行くっていうのは、何度も言っていますけど、必ず必要なアプローチだと思う。海外はサッカーの質が違うんで。Jリーグの質が悪いってことではなくて、全く別なんですよね。“別の質”に慣れるっていうことをしないと、(代表戦の)国際大会は“別の質”と戦うので。対外国人(という戦い)に慣れる選手がもっと多くなること。この予選では何の解決にはならないと思いますけど、日本が真剣に考えないといけないことだと思います」

 それでも、現在の代表は24人中13人が海外でプレーしており、UAE戦のスタメンにも海外組8人が名を連ねた。だが、「海外である程度レギュラー争いをしている選手であれば、よほどのことがない限り、代表に呼んでもらえて試合に出れる。それだけじゃ足りない」というように、本田は海外組の現状にも満足していない。

 自身も今シーズンのセリエA開幕から2試合連続で試合出場がなく、危機感を募らせている。だが、「レギュラー争いが厳しくなって、海外で活躍することが当たり前になるくらいのプレッシャーの中でヨーロッパの選手もやらないといけない」と、何より自分自身に言い聞かすように話した。

 次なる戦いは、6日に敵地で行われるタイ代表戦。まさかの黒星スタートを受け、絶対に勝利が求められる一戦となる。チームのため、そして自身のために気合を入れ直した本田がピッチで勝利への強いメンタルを示し、再び結果でチームをけん引することを誓う。

文=湊昂大

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)7時45分

SOCCER KING