ここから本文です

韓国、9大会連続のW杯出場に向け白星スタート 中国の追撃振り切る

SOCCER KING 9月2日(金)1時23分配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選グループAの第1戦が9月1日に行われ、韓国代表と中国代表が対戦した。

 試合は20分に韓国の得点で動く。左サイドでFKを得ると、ソン・フンミンがクロスを供給。このボールが中国のDFに当たってそのままネットを揺らし、韓国がオウンゴールで先制に成功した。

 後半に入り62分、韓国は左サイドから攻撃を仕掛け、チ・ドンウォンがクロスを上げる。これをファーサイドのイ・チョンヨクがヘディングで叩き込み、追加点を奪った。さらに66分、左サイドからのクロスがゴール前に流れたところをク・ジャチョルが右足で流し込み、韓国のリードが3点に広がった。

 中国は73分、エリア内右で相手DFのクリアボールを拾ったユー・ハイが左足のシュートを決めて1点を返すと、76分にはエリア手前左で得たFKをハオ・ユンミンが直接沈めて1点差に詰め寄る。だが、その後は得点を奪うことができず、試合は3-2で終了。9大会連続のW杯出場を目指す韓国が白星スタートを切った。

 韓国は6日に敵地でシリア代表と、中国は同日にホームでイラン代表と対戦する。

【スコア】
韓国代表 3-2 中国代表

【得点者】
1-0 20分 OG(チャン・チー)(韓国)
2-0 62分 イ・チョンヨク(韓国)
3-0 66分 ク・ジャチョル(韓国)
3-1 73分 ユー・ハイ(中国)
3-2 76分 ハオ・ユンミン(中国)

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)1時23分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。