ここから本文です

“ほろ苦”代表デビューの大島、大人しいキャラ脱却へ「僕の考えもすり合わせていきたい」

SOCCER KING 9月2日(金)7時12分配信

「負けてしまったので、悔しいですね……」

 大島僚太(川崎フロンターレ)にとって記念すべき日本代表デビューは、“ほろ苦い”ものとなった。

 アジア最終予選の初戦でスタメンとして代表デビューを飾るのは、日本代表史上でも初めてのこと。負傷の柏木陽介(浦和レッズ)に代わる大抜てきは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が寄せる期待の大きさと信頼の厚さを感じさせた。

 しかし、日本は1-2で敗れ、あろうことか、その2失点に彼が絡んでしまう。

 1失点目は酒井宏樹(マルセイユ)へのパスが弱くなり、それが遠因となって与えたFKをアハメド・ハリルに直接決められた。2失点目はペナルティエリア内でイスマイール・アルハマディを倒し、そのPKを再びアハメド・ハリルに沈められてしまう。

 PKを与えた場面は相手選手が意図的に引っ掛かったようにも見えたが、大島が悔やむのは直前のシーンだ。香川真司(ドルトムント)、酒井宏と3人で相手選手を取り囲んだが、ボールを奪い切れなかった。これには代表デビューの若武者も「あの場面で何とか食い止めなければいけなかった」と悔しさを募らせた。

 大一番でのスタメン出場を告げられたのは、試合前のことだったという。しかし、練習の様子から「何となく(スタメンがあると)思っていた」と、心の準備はできていた。「経験があるわけではないので、自分は自分らしく全うしよう」と心掛けていた大島は「緊張はそこまでしなかった」とも明かしたが、“自分らしさ”を表現できたかといえば、そうではなかった。

 任せられたのは、ダブルボランチの一角で前目のポジションだったが、アピールしてもボールが回って来ないこと、受け手との呼吸が合わないことも見られた。大島がなかなか効果的にボールに絡めないでいると、代わって長谷部誠(フランクフルト)が徐々に高い位置でプレーするようになる。

 所属の川崎では今や大島を中心にボールが回る。味方にボールを預けては動き、リターンパスをもらってはさばき、機を見て鋭く縦パスを入れる。だが、日本代表はそこまでの連係が築けておらず、そもそもスタイルが異なる。周囲との連係は練習でも確認していたはずだったが、「ビルドアップの時にどこにいてほしいかとか、そういうのは実戦で試さないと難しい部分がありました」と反省を口にした。

 とはいえ、全く輝けなかったわけではない。後半開始直後には強烈なミドルシュートを見舞い、浅野拓磨(シュトゥットガルト)が投入された直後にはピンポイントのロングボールをDFとGKの間に送り込んでもいる。だが、そうしたプレーを考慮しても、「自分の持ち味が出せたとは思えないですね」と力なく話した。

「まだまだですね」と反省を繰り返した大島だが、下を向いているわけではない。これまでは決して雄弁なタイプではなかったが、周囲との連係のズレについて問われると、「僕にも思ったことはあって、動かずに待っていてくれればとは思うけど、受け手は背後を狙いたい時もある。そういうところはすり合わせて、話し合っていきたい」と答え、成長の跡をのぞかせた。

 代表デビューはほろ苦いものになった。だが、大島が新たな一歩を踏み出したのは間違いない。大島の感覚を周囲が理解した時、また一つハリルジャパンに新しい風が吹くかもしれない。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)7時24分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報