ここから本文です

浦和に痛手、MF梅崎司が神戸戦で負傷 左ひざ前十字じん帯損傷で手術へ

SOCCER KING 9月2日(金)12時14分配信

 浦和レッズは9月2日、MF梅崎司が左ひざ前十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。全治は手術後に発表される。

 梅崎は8月31日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦のヴィッセル神戸戦で負傷。同選手は先発出場したが、終了間際の89分に交代していた。

 梅崎は1987年生まれの29歳。大分トリニータU-18から2005年にトップチームに昇格し、2007年にはフランス2部のグルノーブルへの期限付き移籍も経験した。同年末に浦和への完全移籍が発表され、同クラブでプレーを続けている。今シーズンは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節終了時点で全27試合中19試合に出場、1ゴールを記録している。

 浦和は明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節終了時点で17勝4分け6敗の勝ち点55、年間勝ち点で2位となっている。セカンドステージは7勝1分け2敗の勝ち点22で2位。ルヴァンカップ準々決勝第1戦は敵地で2-1と先勝し、ベスト4進出へ前進した。次戦は4日、ホームで準々決勝第2戦を迎える。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)12時14分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。