ここから本文です

イブラやポグバの代理人ライオラ氏、今夏の収入はC・ロナの年俸超えに

SOCCER KING 9/2(金) 17:38配信

 マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやフランス代表MFポール・ポグバらの代理人を務めるミノ・ライオラ氏が今夏に稼いだ額が、3000万ユーロ(約34億7000万円)を超えていることがわかった。1日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 今夏、イブラヒモヴィッチやポグバ、さらにはアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのマンチェスター・U移籍を実現させたライオラ氏。同紙によると、今夏に稼いだ額は3000万ユーロを超えており、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの年俸2100万ユーロ(約24億3000万円)をも上回っているという。

 移籍金1億500万ユーロ(約120億7000万円)とも言われるポグバの移籍において、ライオラ氏は2000万ユーロ(約23億2000万円)の報酬を得た。また、ムヒタリアンの移籍では800万ユーロ(約9億3000万円)、フリー移籍だったイブラヒモヴィッチのマンチェスター・U加入の際にも300万ユーロ(約3億5000万円)を受け取ったようだ。

SOCCER KING

最終更新:9/2(金) 17:38

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報