ここから本文です

開幕前の辞任から約1カ月 ガットゥーゾ氏、セリエBのピサ指揮官に復帰へ

SOCCER KING 9月2日(金)13時1分配信

 元イタリア代表のジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が9月1日、セリエBに所属するピサの指揮官に復帰する意向を表明した。

 ガットゥーゾ監督はイタリアメディア『50 Canale』のインタビューに応じ、「(ピサの)パブロ・ダーナ会長に感謝したい。戦いにおびえることなどない。これからはトレーニングに取り組んでいかなければならない。注意を払ってハードワークをしていく」と決意を明かしている。

 ガットゥーゾ氏は昨年夏、レーガ・プロ(イタリア3部リーグに相当)に所属するピサの指揮官に就任し、2年契約を締結。昨シーズンは就任1年目にして昇格プレーオフを制し、セリエB昇格に導いた。

 しかし、ガットゥーゾ氏とクラブ側の方針をめぐる対立が表面化。昇格決定直後には一度は辞任危機を回避したものの、7月31日に辞任を表明することとなった。同氏の辞任を受け、ジャンルカ・コロンネッロ氏がプリマヴェーラ(下部組織)の指揮官からトップチームに内部昇格していたが、8月26日に解任された。

 指揮官不在となったピサは8月27日にセリエB第1節のテルナーナ戦に臨む予定となっていたものの、約500人のサポーターがピサ駅を占拠。クラブをドバイの投資グループに売却するように訴えていた。騒動を受け、リーグ側は同試合の開催を9月7日に延期することを決定している。

 紆余曲折を経て、ピサの指揮官に復帰することとなったガットゥーゾ氏。混乱の中、セリエBでの新シーズンに臨む。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)13時6分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]