ここから本文です

ロスタイムにレッドカード6枚 トルコで“大荒れ”の一戦、その原因は?

SOCCER KING 9月2日(金)19時53分配信

 9月1日に行われたUEFA U-21欧州選手権予選・グループ8で、6選手が退場する事態が発生した。

 U-21トルコ代表とU-21キプロス代表の一戦は、アウェーのキプロスが22分に先制。1-0のまま試合は推移し、後半アディショナルタイムへ突入した。すると、90+8分に“事件”は起きた。両チームの選手やスタッフがピッチ上で入り乱れての乱闘となった。

 キプロス紙『Cyprus Mail』によると、キプロスの選手たちが“人種差別的な”方法でゴールを祝ったことで、両チームの間には緊張状態が続いていたという。そして試合が終了を迎えようかというタイミングで、乱闘という形で表出してしまった。

 主審は事態の収拾を図り、両チームの3選手ずつにレッドカードを提示。そして試合終了のホイッスルを吹いた。混乱した状況では計6選手へのレッドカード提示も目立たなかったようで、主審は試合後に改めて両チームに通知したという。

 まさに“大荒れ”となった一戦。アウェーで勝利を収めたキプロスの選手たちは、安全確保のために護衛隊の警備を受けながら宿舎へと戻ったと報じられている。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)19時53分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。