ここから本文です

バルサ、“第4のFW”獲得の次は主力の確保へ メッシらの契約延長目指す

SOCCER KING 9月2日(金)18時10分配信

 8月31日に移籍市場が閉幕し、バルセロナのアルベルト・ソレルSD(スポーツ・ディレクター)が今夏の移籍について言及した。9月1日付のスペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 今夏、ビジャレアルからスペイン代表MFデニス・スアレス、リヨンからフランス代表DFサミュエル・ウムティティ、アヤックスからオランダ代表GKヤスパー・シレセンなど、各ポジションに補強を行ったバルセロナ。さらに閉幕間際の8月30日にはバレンシアからスペイン代表FWパコ・アルカセルを獲得し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そしてブラジル代表FWネイマールからなる“MSN”に次ぐ、“第4のFW”を遂にチームに加えた。

 ソレルSDは今夏の移籍について、「総額1億2000万ユーロ(約138億円)を使って、6選手を獲得することができた。マンチェスター・Uはそのお金で1人しか買えていないけどね」と、満足感を示した。

 また、アルカセルに言及し、「メンタル的には、サブとして準備してくれている。彼はビッグクラブに来て多くを学ぶことができるはずだ。(ルイス)スアレスは世界一のストライカーだからね」と、大きく成長できるはずだと期待した。

 今後については「次のやるべき仕事は、ラキティッチ、メッシ、スアレスの契約を更新することだ」と明言し、主力の契約延長を目指したいと口にした。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)18時21分

SOCCER KING