ここから本文です

名古屋の救世主となれるか 闘莉王の選手登録完了、新潟戦から出場可能に

SOCCER KING 9/2(金) 17:33配信

 Jリーグは2日、各クラブの登録追加・変更・抹消となった選手を発表した。

 明治安田生命J1リーグでは、名古屋グランパスへの復帰が決まったDF田中マルクス闘莉王が登録された。闘莉王は次戦、10日に敵地で行われるセカンドステージ第11節アルビレックス新潟戦から出場可能となる。現在、J2降格圏内の年間勝ち点16位に沈んでいる名古屋。勝ち点差「7」で同14位の新潟との一戦は残留争いの行方を大きく左右する大一番になりそうだ。

 また、仙台大学在学中のMF山田満夫(2013年に松本山雅FCでプレー)がベガルタ仙台の選手として登録。ヴィッセル神戸への特別指定選手登録が発表されたびわこ成蹊スポーツ大学DF宮大樹も登録されている。

 さらに、FC東京はU-18所属の4選手を入れ替える形で2種登録。FW半谷陽介、MF伊藤純也、FW松岡瑠夢、FW鈴木郁也は抹消となり、DF岡庭愁人とMF品田愛斗、MF小林真鷹、DF坂口祥尉がトップチーム、U-23チームに登録された。

■9月2日発表の登録選手追加リスト

<明治安田生命J1リーグ>
ベガルタ仙台…MF山田満夫
FC東京…DF岡庭愁人、MF品田愛斗、MF小林真鷹、DF坂口祥尉(いずれも2種)
名古屋グランパス…DF田中マルクス闘莉王
ヴィッセル神戸…DF宮大樹

<明治安田生命J2リーグ>
水戸ホーリーホック…DFユ・ロモン

<明治安田生命J3リーグ>
鹿児島ユナイテッドFC…MF西岡謙太
FC東京U-23…DF岡庭愁人、MF品田愛斗、MF小林真鷹、DF坂口祥尉(いずれも2種)

SOCCER KING

最終更新:9/2(金) 17:33

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革