ここから本文です

リオ五輪の悔しさを胸に DF植田、緊急招集も「試合に絡んでいく」

SOCCER KING 9月2日(金)22時57分配信

 日本代表は9月1日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選第1戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦し、1-2と痛恨の逆転負けを喫した。痛恨の敗戦から一夜明け、DF植田直通(鹿島)がコメントを残している。

 植田はUAE戦の直前に、左内転筋に違和感を訴えたDF昌子源(鹿島アントラーズ)に代わって日本代表メンバーへ加わることが発表された。緊急的に招集された植田だったが、「だいたいの人は知っていますし、前やったことがあったので普通に入れました。いつでも呼ばれていいように準備はしていたので」と問題なくチームへ合流できたことを明かした。

 重要なホームでの最終予選第1戦をベンチで見届けた植田は、「僕自身も(オリンピックの)アジア予選を戦ってきて、そう簡単じゃないことはわかっています。今回も思い知らされたというか、やっぱりそう簡単にはいかないんだなと思いました。こうやってA代表の方たちのように試合に出ている人でも難しいんだなというのを感じました」とコメント。自身の経験も踏まえた上で、改めてアジア予選を勝ち抜く難しさを痛感した様子だった。

 植田は先月開催されたリオデジャネイロ・オリンピックの日本代表メンバーに選出され、センターバックとして全3試合にフル出場していた。グループステージ敗退が決まったスウェーデン戦後には、「これからはA代表しかない」と話していたが、追加招集とはいえ早速ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から声がかけられることとなった。6日に行われるタイ代表戦を前に植田は、「やっぱりあの時の悔しさを晴らすのはここしかない。ベンチに座っているだけでなく、しっかりと自分自身が試合に絡んでいかなくてはいけないなという危機感があるので、しっかりと次に向けて準備したいです」と出場へ向けた意欲を示した。

SOCCER KING

最終更新:9月2日(金)23時1分

SOCCER KING