ここから本文です

強烈FKに屈した西川「手に当てていたので止めないといけなかった」

ゲキサカ 9月2日(金)0時30分配信

[9.1 W杯アジア最終予選 日本1-2UAE 埼玉]

 FW本田圭佑のゴールで先制した前半11分から8分後の同19分、中盤でボールを奪われてカウンターを受けた日本はPA手前でファウルを犯し、ゴール正面という絶好の位置で直接FKを与えてしまった。

 ボールの前には左利きの背番号10、MFオマル・アブドゥルラフマンと、右利きの11番、FWアハメド・ハリル。どちらが蹴るのか読みにくい状況で構えたGK西川周作(浦和)だったが、結果的に読みを上回る豪快なFKをアハメド・ハリルに決められ、同点に追いつかれた。

 西川はとっさの反応で辛うじて両手に当てたものの、ボールはその手を弾いてバーに当たり、ゴールネットを揺らした。「あれは止めないといけないと思う。キーパーサイドだったし、手にも当てていたので……。止められなかったのは反省です」と唇を噛んだ。

 判断を鈍らせた要因は何か。西川によると、左右2人のキッカーを警戒しつつ、DFラインの裏にパスを出してくることも警戒していたのだという。

「壁の裏か、GKサイドに来ると覚悟していたけど、壁裏を意識して重心が右に動いた分、(弾いたときに)手に力がうまく伝わらなかった」

 そして、2失点目はPK。動きを見られてからのチップキックで決められたことも痛恨だった。

 ただ、レフェリングに対して冷静さを失うことがなかったのは、ポジティブな材料でもある。「判定は想定内だった。Jリーグとは違うレフェリングだと分かっていたので、落ち着いてプレーできた」と言い、「後半、主導権を握った中で決められるチャンスもあったので、そういうところを突き詰めていかないといけない」と課題を挙げた。

最終更新:9月2日(金)5時28分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。