ここから本文です

“ボランチ”原口、不慣れなポジションも「一日一日を無駄にできない」

ゲキサカ 9月2日(金)15時6分配信

 得意とするサイドからのチャンスメイク以上に、MF原口元気(ヘルタ・ベルリン)にはバヒド・ハリルホジッチ監督から求められているものがある。それは、ボランチでのプレー。1日のUAE戦では「ハセさん(長谷部)の前で、(香川)真司くんの後ろ」のポジションに入り、「リスクを冒しても良いが、ポジションを変えるな」と指揮官の指示を受けて中央で任務をこなした。

 そして、UAE戦翌日に行われた5対5に分かれてのフォーメーション練習でも、原口は中盤の底からパスを散らしていた。「ああいう位置でのプレーが求められているので、毎日が練習。ここでいろいろと吸収しないといけないと思っているし、一日一日を無駄にはできない」。不慣れなポジションでのプレーも前向きに受け止め、日々成長しようと努力を続ける。

 しかし、その中でも自分にしかできないプレーを出して行こうとしている。UAE戦では「ゴール前でファウルをもらえていなかった」。密集地帯でドリブルを仕掛ければファウルを誘う可能性があり、原口自身も「僕がそういう役割をできれば一つの武器になると思うし、それを求められていると思う」と話した。

 初戦を1-2で落としたものの、最終予選は始まったばかりだ。「危機感を持ちながらも、このプレッシャーに打ち勝つだけの選手、メンタリティーを持った選手が代表にいると思うし、僕もその一人になりたい」と意気込む。まずは6日のタイ戦に照準を合わせ、調整を続けて行く。

最終更新:9月2日(金)15時11分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]