ここから本文です

しまなみ名物に長蛇の列 漁協直営食堂開店

愛媛新聞ONLINE 9月2日(金)8時10分配信

 瀬戸内しまなみ海道の来島海峡大橋を間近に望む愛媛県今治市の大浜漁協直営食堂「浜の台所 潮里(しおり)」が1日、同市砂場町2丁目にオープンし、名物一本釣り天然マダイの料理を求め、市民らが長蛇の列をつくった。
 市が公園とプレジャーボート係留施設を含む交流拠点として整備した「マリーナパーク王浜」内に開店。定番のたい飯やタイのだしをきかせたカレー、うどんを漁協女性部が手作りして販売する。
 オープニング式典で広瀬次臣組合長が「企業と行政、地域の力で完成した。繁盛することこそが感謝につながる」とあいさつ。関係者がテープカットやくす玉割りで祝った。

愛媛新聞社

最終更新:9月2日(金)8時10分

愛媛新聞ONLINE