ここから本文です

9月1日の海外株式・債券・為替・商品市場

Bloomberg 9月2日(金)5時44分配信

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル反落、予想外の米製造業縮小で-前日まで4日続伸

1日のニューヨーク外国為替市場でドルは反落。米製造業が8月に 予想に反して縮小したことが統計で示され、米経済の先行き見通しの修 正を迫られた。ドルは前日まで4営業日続伸していた。

米供給管理協会(ISM)が発表した8月の製造業総合景況指数は 生産の縮小を示す領域に低下した。昨年12月の利上げに続く次回利上げ のタイミングを計ろうとしている市場では、統計を受けてドル売りが優 勢となった。2日の8月雇用統計発表を控えて、市場では政策引き締め を予想するセンチメントが広がり、ドルは上昇していた。

CIBCワールド・マーケッツの外為・マクロ担当シニアストラテ ジスト、バイパン・ライ氏(トロント在勤)は「ISM統計一つで状況 は変わりはしないが、2日の雇用統計を前にこれまでドルに買いを入れ ていた市場に多少の不安を生じさせることはある」と述べた。

8月は米金融当局から雇用とインフレにおいて利上げの環境が整っ たとの示唆が相次ぎ、ドルは堅調に推移し、年初からの下げを4%に縮 小した。これとは対照的に欧州と日本の中央銀行は追加緩和の方向にあ る。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%下落。一時は0.2%上 昇しほぼ1カ月ぶりの高水準に達していた。ドルは対ユーロで0.4%安 い1ユーロ=1.1197ドル。対円では0.2%下げて1ドル=103円23銭。

先物データによると、市場が織り込む9月利上げの確率は現 在34%。次回連邦公開市場委員会(FOMC)は今月20-21日に開かれ る。

2日発表の8月非農業部門雇用者数は18万人増と予想されている。 7月は25万5000人増加していた。ISMが1日発表した8月の製造業総 合景況指数は49.4に低下。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査 の予想最低値より悪かった。

1/6ページ

最終更新:9月2日(金)7時10分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]