ここから本文です

ブラジル株:ボベスパ指数、反発-米利上げは遅れるとの観測広がる

Bloomberg 9月2日(金)7時26分配信

1日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は3日ぶりに上昇。米国の製造業関連統計が予想外の弱さを示したことから、同国での利上げは予想されていたほど早期には実施されないのではないかとの観測が広がった。

ビールメーカーのアンベブが指数の上昇に最も寄与。ブラジル石油公社(ペトロブラス)も高い。同社の資産売却計画の見通しを材料にグルポBTGパクチュアルが買い推奨した。 パルプメーカーのスザーノ・パペル・エ・セルロージとフィブリア・セルロージは通貨レアル安に伴う輸出見通し改善で上昇。

ボベスパ指数は前日比0.6%高の58236.27で終了。アンベブは2.5%、ペトロブラスは1.2%それぞれ上昇。スザーノとフィブリアはともに4%以上の上げとなった。

ボベスパ指数は今年これまでに34%上昇しており、投資家は現在、テメル新大統領の下でのリセッション(景気後退)からの回復の可能性とその時期について見直しつつある。その間もブラジル資産は米金融政策をにらんだ展開となっていく、とインフィニティ・アセット・マネジメントのチーフエコノミスト、ジェイソン・ビエイラ氏は指摘する。同氏はサンパウロから取材に応じ、「米金融当局がいつ利上げを行うかのヒントを探ることは、ブラジルへの投資戦略を決定する上で極めて重要だ」と語った。

米国の製造業は市場予想に反して6カ月ぶりに縮小し、同国の月内利上げ観測が後退。ブルームバーグがまとめたフェデラルファンド(FF)金利先物のデータによると、市場が見込む9月利上げの確率は32%とこの日の早い段階での40%から低下した。

原題:Brazil Stocks Rise as Itau Gains on Bets U.S. Rate Raise Delayed(抜粋)

Denyse Godoy

最終更新:9月2日(金)7時26分

Bloomberg