ここから本文です

オーロラのように光るティッシュ用ケースで生活感を排除--スマホの通知も光で

CNET Japan 9月2日(金)9時0分配信

 家庭の食卓やオフィスのデスク、ベッドサイドなどに欠かせないティッシュペーパー。必要なものであるが、ティッシュの箱をそのまま置いておくと強烈な生活感を発してしまうので、目立たなくなるようカバーをかけたり、ケースに入れたりする人も多い。

 そんな手の届くところに置くティッシュなのだから、スマートフォンと連携するティッシュケース「AURORA」で活用してはどうだろう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

 AURORAは、上から飛び出したティッシュをその名の通りオーロラのように光り輝かせるケース。ティッシュを隠すだけでなく、手元の明かりとしても機能する。タッチセンサ、音センサを備え、本体に触ったり拍手したりする動作で点灯させられるため、暗いところで役立ちそうだ。さらに、ティッシュを引き出しても光る。

 スマートフォンとBluetoothで連携し、専用アプリからLEDの制御が可能。電話の着信やメールの受信も光って教えてくれる。

 Appleの「Health」や「Google FIT」といったヘルスケアアプリにも対応しており、ティッシュを取ったときに運動が足りないと赤く光り、運動が十分だと緑に光る、という機能も搭載している。

 光源は暖色系の白色LEDと赤、緑、青のLEDを使い、さまざまな色を表現できる。さまざまな形状のティッシュボックスを入れることが可能で、ロール式のティッシュにも対応する。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間10月27日まで。目標金額の2万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間9月1日19時)で集めた資金はまだ1250ドル。キャンペーン期間はあと55日ある。

最終更新:9月2日(金)9時0分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]