ここから本文です

ヤフー、事業者向けIoTプラットフォーム「myThings Developers ベータ版」を公開

CNET Japan 9月2日(金)18時26分配信

 ヤフーは9月2日、40種類以上のウェブサービスやIoT製品と連携できる事業者向けIoTプラットフォーム「myThings Developers(デベロッパーズ)ベータ版」の提供を開始した。より多くの事業者が利用できるように、ベータ版は無償で提供するという。

 同プラットフォームでは、「Yahoo!天気」、「Yahoo!防災速報」、「LOHACO」、「BOCCO」、「iRemocon」など、40種類以上のウェブサービスやIoT製品と連携するためのAPIを公開。

 同プラットフォームを利用することで事業者は、ヤフーの各サービスをはじめ、多くのウェブサービスや他社IoT製品と自社製品・サービスを連携し、新たなサービスを開発したり、機能拡張によって製品価値を高めるなど、開発工数の削減などにつなげられるとしている。

 利用事例として、ソニーモバイルコミュニケーションズは、開発中の「Xperia Projector」のサービスの1つとして、ヤフーと連携サービスの開発検討を開始している。

 オムロンでは、見守りネットワークカメラセンサ「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線」において、連携サービスの開発検討でヤフーと基本合意している。具体的には、「Yahoo!防災速報」のAPIを利用して、防災情報が通知されると端末が音声発話して知らせたり、写真を撮影して自宅にいる家族がどのような状況かを遠隔で確認したりできる機能の提供を検討している。

 さらに、日用品ショッピングサイト「LOHACO」は、同プラットフォームを利用したさまざまなIoT製品から、LOHACOでの買い物を可能にするAPIを公開することで、利用シーンの拡大を検討している。

最終更新:9月2日(金)18時26分

CNET Japan