ここから本文です

ウィルシャーのボーンマス移籍に驚くスコールズ氏 「ローマのようなビッグクラブへ行くべきだった」

GOAL 9月3日(土)8時38分配信

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、ポール・スコールズ氏は、MFジャック・ウィルシャーの決断に驚いている。

アーセナルに所属するウィルシャーは、レンタルでボーンマスに加わることが決まった。同選手に対しては、ミランやローマといった国外のクラブも関心を示していたと言われるが、同じプレミアリーグのクラブへ移籍している。

スコールズ氏はこれに驚いたそうで、イギリス『スカイ・スポーツ』で次のように語った。

「彼がアーセナルを出るなら、私としてはローマのようなビッグクラブへ行くところが見たかった。国外での経験を得ることは、彼にとって大きなことになったと思うし、イングランド代表のためにも大きなことになったかもしれない」

ウィルシャーは、コンスタントな出場機会を求めてボーンマスへ行くことを選んだのかもしれない。だが、スコールズ氏の考えは違う。

「ボーンマスに行ったからといって、いつも出られるとは限らない。ボーンマスだろうと、アーセナルだろうと、マンチェスター・ユナイテッドだろうと、ローマだろうと、どこにいてもしっかりやらなければいけない。トップチームでプレーするためには、やるべきことがあるんだ」

「足首の状態がどうかは分からないが、その問題に苦しんでいることは知っている。良い状態のままなら、彼はトッププレーヤーだ。そこに疑いはないよ。ただ、彼はイングランドのトップ3、もしくはトップ4のクラブでプレーしていなければいけない。それは彼が目指すべきところであり、自分の居場所をあまりに低く設定したことが私は心配だよ」

GOAL

最終更新:9月3日(土)8時38分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。