ここから本文です

ヤマカツグレースが断然人気に応え初陣V/札幌新馬

netkeiba.com 9月3日(土)12時27分配信

 3日、札幌競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1500m・10頭)は、スタートで遅れるもすぐに中団までポジションを上げた松岡正海騎手騎乗の1番人気ヤマカツグレース(牝2、栗東・池添兼雄厩舎)が、3~4コーナーで大きく外を回って、2番手追走から一旦は抜け出した2番人気サクレエクスプレス(牝2、美浦・加藤征弘厩舎)を直線で捕らえ、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に3番人気ニシノエアレス(牝2、栗東・浅見秀一厩舎)が入った。

 勝ったヤマカツグレースは、父ハービンジャー、母ヤマカツマリリン、その父グラスワンダーという血統。半兄ヤマカツエース(父キングカメハメハ)は昨年のニュージーランドTなど重賞3勝を挙げている。

【勝ち馬プロフィール】
◆ヤマカツグレース(牝2)
騎手:松岡正海
厩舎:栗東・池添兼雄
父:ハービンジャー
母:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
馬主:山田和夫
生産者:岡田牧場

最終更新:9月3日(土)12時27分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ