ここから本文です

佐賀の期間限定劇団「テアトロこじーら」 ゼロから稽古重ね発表公演へ /佐賀

みんなの経済新聞ネットワーク 9月3日(土)0時0分配信

 「佐賀県立美術館ホール」(佐賀市城内1)で9月11日、劇団「テアトロこじーら」の公演「Welcome! ~旅館岩乃瀬へようこそ~」が行われる。(佐賀経済新聞)

「テアトロこじーら」稽古の様子

 演劇に関わる舞台照明や脚本などの支援活動に取り組む、辻恵子さんが「ゼロから始める演劇」をテーマに、「敷居が高いと言われる演劇を親しみやすくし、参加のハードルを下げたい」と2010年11月に立ち上げた同劇団。

 週1~2回、約1年間の稽古を重ねて、発表公演の舞台に立つ。「演劇に入り込んだら抜けられないと思われないように」と、「公演が終われば原則解散」とのルールを決め、現在6期メンバーまで約50人の舞台初心者が巣立ったという。

 今回は辻さんが脚本と演出を担当する。「働く20代女子とその家族の物語を描いた」と辻さん。ストーリーは、旅館「岩乃瀬」で仲居として働く一人の女性が、両親の離婚以来会ったことがなかった父親と再会する。旅館に持ち上がる後継者問題に揺れる父と娘、2組の家族に「人生の転機」が訪れる。

 当日は、辻さんが代表を務める劇団「Ziシアター」のメンバーも応援に駆け付けるという。

 辻さんは「相手の目を見る、話を聞く、思いを言葉にするという演劇での動きは普段の生活での人との関わり方に通じると信じている。演劇にもっと入り込みやすくし、音楽やバレエなど舞台に関わる芸術をつなげたい。演劇のことが少しでも気になったら、とにかく見に来てほしい」と呼び掛ける。「10月からの第7期メンバーとしても参加してもらえれば」とも。

 14時、18時の2回公演。入場料は、一般=前売り1,500円、当日2,000円。高校生以下=前売り500円、当日1,000円。ペアチケット=前売りのみ2,400円(数量限定)。全席自由。チケットの問い合わせは、同劇団(辻さん、TEL 090-4772-6176)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月3日(土)10時59分

みんなの経済新聞ネットワーク