ここから本文です

『君の名は。』旋風やまず!公開8日間で動員212万人突破、興収は27億円

ぴあ映画生活 9月3日(土)17時26分配信

長編アニメ『君の名は。』のヒット御礼舞台あいさつが9月3日、都内で行われ、新海誠監督、神木隆之介、上白石萌音が登壇。サプライズゲストとして主題歌と劇中の音楽を手がけた人気ロックバンドRADWIMPS(野田洋次郎、桑原彰、武田祐介)が駆けつけた。

『君の名は。』ヒット御礼舞台あいさつ その他の写真

『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』などの作品で高い評価を集めてきた新海監督の待望の長編作。東京で暮らす高校生・瀧と、田舎暮らしの高校生・三葉が夢の中で入れ替わりながら、次第に心を通わせていくが、物語は思いも寄らぬ方向に転がり出す。

8月26日(金)に全国301スクリーンで封切られ、公開8日間で動員212万7800人、興収27億1200万円を記録。夏アニメの新定番として、旋風を巻き起こしており「本当に幸せなこと。感無量です」(神木)、「幸せに満たされています」(上白石)。新海監督は「数字を聞いてもピンとこないし、実感ゼロですが、ひたすらありがたいです」とファンに感謝を伝えた。

サプライズで登壇し、大歓声を浴びた野田は「映画をご覧になった皆さんの顔を観るのは初めて。本当にこの映画に関わることができて良かった。幸せです」。新海監督も「1年半の間、一緒に映画を作ってきた。音楽によって、映像が変わったこともあった」と改めて濃密なコラボに、手応えを示していた。

また、野田がアコースティックギター1本で主題歌『前前前世』、上白石をステージに招いての劇中歌『なんでもないや』を生披露。ステージを見守った神木は「今後見られないものを見てしまった」と貴重なライブに身震いし、野田との即興コラボが実現した上白石は「18年生きてきて、一番の幸せ。一生の宝物です」と感動を抑えきれない様子だった。

『君の名は。』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:9月3日(土)17時26分

ぴあ映画生活