ここから本文です

おわら情緒心行くまで 風の盆、3日最終日

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9月3日(土)9時38分配信

 2日目を迎えた富山市八尾町中心部の伝統行事「おわら風の盆」は2日、11町が町流しや輪踊りを繰り広げた。天候に恵まれ、大勢の観光客がおわらの情緒を満喫した。 

 初日に続き、この日も朝から晴れ間が広がり、各町でおわらが披露された。鏡町では、「おたや階段」をぎっしりと埋めた観光客が、指先まで神経を行き渡らせたしなやかな舞と、三味線や胡弓(こきゅう)の調べに酔いしれた。

 八尾小学校グラウンドのおわら演舞場や、越中八尾観光会館のおわらステージもあり、大勢の人が訪れた。

 おわら風の盆行事運営委員会によると、この日の入り込みは約7万人で、初日と合わせると約16万人となった。

 最終日の3日は、午後7~同11時に各町で町流しが行われる。雨天の場合は中止になることもある。

最終更新:9月3日(土)9時38分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ