ここから本文です

米7月貿易赤字11.6%減、4カ月ぶり縮小 輸出10カ月ぶり高水準

ロイター 9月3日(土)0時45分配信

[ワシントン 2日 ロイター] - 米商務省が2日発表した7月の貿易収支の赤字額は前月比11.6%減の394億7400万ドルだった。4カ月ぶりに赤字が縮小した。市場は427億ドルの赤字を見込んでいた。輸出額が10カ月ぶりの高水準となり、第3・四半期に入って米経済が上向いたことを示した。

6月の赤字額は当初発表の445億1000万ドルから446億5500万ドルに小幅ながら上方修正された。

7月のインフレ調整後の貿易赤字は582億7400万ドルだった。6月は645億4800万ドルだった。

個人消費や鉱工業生産、住宅建設の指標は底堅いことと合わせ、この日の貿易収支の数字は、米経済が上半期の1.0%成長の後に勢いを取り戻したことを示している。

7月はモノとサービスの輸出が1.9%増の1863億3200万ドルと、金額ベースで昨年9月以来の高水準だった。

欧州連合(EU)へのモノの輸出は9.5%減。うち英国向けは9.2%減った。中国向けは3.8%増加した。

輸入は0.8%減の2258億500万ドル。7月の原油価格は平均で1バレル=41.02ドルと、昨年9月以来の高値水準だった。原油価格は5カ月連続で値上がりしている。

中国からの輸入は2.4%増。政治的に問題になることが多い対中貿易赤字は1.9%増の303億3000万ドルだった。

*見出しの不要な文字を削除して再送します。

最終更新:9月5日(月)15時24分

ロイター